化粧水

無添加の化粧水は本当に安全?市販の安い無添加化粧水ほど注意すべき点がある

無添加の化粧水は本当に安全?市販の安い無添加化粧水ほど注意すべき点がある

肌に何も悪影響がなさそうだからとりあえず無添加化粧水を選んでおこうと思っている方、少し待ってください。

たしかに無添加というのは、安価な化学成分が使われてなさそうで安心できそうな気もします。

ですが実は無添加という言葉の奥には様々なデメリットも存在するのです。

無添加というイメージだけで化粧水を購入していると、思わぬ肌トラブルを招く可能性があります。

本記事では無添加化粧水の安全性や、無添加化粧水を選ぶ際の注意点などについて解説。

無添加化粧水は安全か?

無添加化粧水の定義はメーカー独自の判断

無添加化粧水という言葉だけであれば、非常に肌にやさしそうな気もします。

結論から言えば無添加という定義はそのメーカーによって様々なのです。

つまりどのような化粧水でも、メーカーが「無添加」と言ってしまえばその化粧水は無添加化粧水となってしまいます。

あなたが敬遠していた成分が入っている化粧水でさえも、メーカーが無添加とすればその化粧水は無添加化粧水として販売されているのです。

当然ですが化粧水をはじめとする化粧品には配合してはいけない成分があります。

厚生労働省が作成している PDF には「防腐剤、紫外線吸収剤及びタール色素以外の成分の配合の禁止」とあります。

出典:化粧品基準 – 厚生労働省

しかしそれさえ守れば、基本的に化粧水の成分は何をまぜてもよいのです。

無添加という定義はメーカーによる独自の判断。
さらに、配合する成分さえきちんと守れば、何をまぜてもよいということになっているのが現在の薬事法。

 

表示の義務

それに加え化粧水に表示してある成分のみが配合されているとは限りません。

化粧水に表示されている成分はあくまでも表示が指定されている成分のみ。

表示が指定されている成分とは、アレルギーなど重大な症状を引き起こしてしまう成分の事です。

これらは表示義務があるので、化粧水の表示欄には配合されている成分が記載されています。

しかし表示を指定されている成分以外は記載しなくてもよいのです。

たとえばあなたの肌がとても敏感だったとしましょう。

そこで無添加化粧水を使用したとします。

しかしあなたが避けている成分の表示義務がないため、化粧水に記載されていなかった場合、あなたの肌に刺激を加えてしまうかもしれません。

ですから一概に無添加化粧水だから安心と言えるわけではないのです。

もちろん無添加化粧水は、正しく選べば肌に優しいものに出会うことができます。
その反面、無添加化粧水は絶対に肌に優しいという勘違いが起きてしまうのも事実。

上記でも説明しましたように、表示の義務がない成分が記載されていない場合もあります。

無添加化粧水を安全に購入したいのであれば、その商品のホームページにアクセスして、成分の詳細をしっかりとチェックしていかなければなりません。

 

無添加は本当に「フリー」なのか?

添加物フリーの化粧水

  • 無香料
  • 合成界面活性剤
  • 防腐剤
  • 着色料
  • 鉱物油
  • 旧表示指定成分

無添加化粧にはこれらの成分が入っていないという事がアピールポイント。

その中に防腐剤というものがあります。

防腐剤が入っていなければ腐ってしまいそうな気もしますが…。

以下で詳しく解説していきます。

 

無添加なのになぜ腐らない?

防腐剤を化粧水に加える目的としては、化粧水を長持ちさせるため腐らないようにさせることです。

無添加化粧水であれば、防腐剤(添加物)が含まれていないため、長持ちしない可能性もあります。
それに薬事法では、化粧品の品質が3年以内に変化してはいけないという決まりもあります。

ところが、通常の化粧水も無添加化粧水も消費期限は未開封であれば3年持つように作られているのです。

アマゾンで販売されている化粧水でさえ販売者が出品する際には、十分に消費期限があるかの厳重なチェックのもと出品されます。

ではなぜ、無添加であるにもかかわらず3年という期間も長持ちするのでしょうか。

それは合成ポリマーという成分によるもの。

しかし、合成ポリマーは肌にとって本当に安全なものなのでしょうか。

無添加表示の罠

合成ポリマーを配合する事により、防腐剤をはじめとする添加物を使用せずとも消費期限が延びるものだと説明しました。

しかしこの構成ポリマーの主な成分は合成樹脂。

合成樹脂は石油を主として作られています。
また、合成樹脂は日用品によく使用され、その中でもおむつや吸湿剤に多く使用されています。

原料は石油、おむつなどにも使用される合成ポリマーが配合されている化粧水を使用しても本当に問題がないのでしょうか。

ちなみに合成ポリマーは肌にとってあまり良いものではありません。
これは下の方で解説していますので、順番に読み進めていってください。

現在販売されている無添加化粧水の多くは、防腐剤は入っていないものの、合成ポリマーにより化粧水が腐るを防いでいるのです。

防腐剤を使用していなければ、たとえ合成ポリマーを使用していたとしても、胸を張って無添加化粧水と言える現在の法律。
無添加化粧水は、合成ポリマーという擬似的な添加物のようなものにより、市場へ流通させ、「無添加で腐らない化粧水」を売っているのです。

無添加でもおむつなど素材「合成ポリマー」が配合されている可能性があるという事は覚えておきましょう。

 

市販の安い無添加化粧水の注意点

品質に注意!

ここまで無添加化粧水のからくりについてお伝えしてきましたが、全ての無添加化粧水が悪いというわけではありません。

ですから、無添加化粧水を使うという事に関しては問題はありませんが、その分、化粧水の品質にだけは注意してください。

しかし、素人では品質を見分けることはなかなか難しいと思います。

ですから、大まかな目安として価格で判断するようにしましょう。

あまりにも安すぎる無添加化粧水(プチプラ化粧水)には訳があります。

原材料が安価、品質も粗悪で腐りやすいにもかかわらず大量の合成ポリマーを使って消費期限をムリヤリ伸ばしているというリスクも考えられます。

そこを見抜く基準としてまずは「価格」を目安に購入しましょう。

ですから市販のプチプラ化粧水はあまりオススメできないのです。
購入するのであれば、しっかりと公式通販サイトがある高品質な化粧水をおすすめします。

詳しくはさらに下の方。

成分を確認

価格の次に判断する材料としては、成分のチェックをする事が重要です。

さきほども言ったように、表示義務がない成分は化粧水に記載されていないかもしれません。

そんな時はメーカーのホームページでその商品の成分を確認したり、市販の無添加化粧水であればほとんどアマゾンにあるので、アマゾンで成分のチェックをするのが良いでしょう。

 

無添加化粧水を使う時の注意点

子どもに要注意

上記でも説明したように、一概に無添加化粧水だからと言って、本当に無添加とは限りません。

さらに、無添加であったとしても3年は品質維持しなければならないためほとんどといっていいほど合成ポリマーが使用してあります。

この合成ポリマーは子供にとって非常に危険です。

子供の肌は大人と比較してとても敏感で薄くできています。
それに加え、子供の肌はまだバリア機能がしっかりと働いていないので、少しの刺激でも大きな刺激と変わってしまうのです。

そこに合成ポリマーが入っている無添加化粧水を使用してしまうと、さらにバリア機能を弱めてしまう原因となります。

バリア機能が弱まってしまうということは肌に「壁」「盾」がなくなると同じこと。
内側から水分が抜けだして乾燥気味になってしまったり、どうせポリマーの刺激により肌トラブルを起こしてしまう原因となります。

ですから、無添加化粧水であっても子供に使用する際は注意。

下部では、子供の敏感肌ににもオススメな化粧水を紹介しているのでご安心ください。

肌荒れの場合もなおさら

肌が荒れているからこそ無添加化粧水。

この認識は非常に危険だとさんざん説明してきましたね。

合成ポリマーは、おむつなどにも使用されるビニール系等の素材でもあります。

合成ポリマーによるビニール効果は非常に厄介で、肌の表面にビニールの薄膜を張ってしまう原因にもなるのです。
すると、皮脂が正常にでなくなり、乾燥気味になってしまいます。

この状態がさらに続き、合成ポリマーの化粧水を使い続けると、今度は皮脂の分泌を一生懸命しようと肌が頑張ってしまうため、ビニールの薄膜の中に大量の油が分泌されてしまい、余計に肌トラブルがひどくなってしまう原因にもなるのです。

ですから安価な市販の無添加化粧水を使用するのは注意が必要。

敏感肌は逆効果!!

もちろん敏感肌だからといって安易に無添加化粧水を使用するのは良くありません。

わざわざ「危険な安い無添加」にこだわらずとも、敏感肌に特化した化粧水の方が何も悪影響がなく使用する事ができます。

セラミドがない!

そして一番重要なのは、無添加化粧水にはセラミドが配合されていないということも大問題。

セラミドは肌のバリアを担う役割があります。

セラミドのバリアあれば、肌の水分が逃げ出さず水分量が上がります。

逆にセラミドが入っていない化粧水は、どれだけ保水力が高いと宣伝されていても、全く保湿する事はできません。
バリアがなければ、どれだけ水分を足しても水分は必ず逃げてしまうからです。だからセラミドが必要なのです。

関連記事>>>顔が乾燥して皮むけする原因はコレ!間違いだらけの生活習慣と顔のケア

またセラミドのバリアにより外的刺激から守ることができるので、敏感肌にもセラミドはオススメなのです。

安価な無添加化粧水にはセラミドが入っていません。

市販の安い無添加化粧水には合成ポリマーの問題だけではなく、セラミドが入っていないという問題も抱えています。

セラミドを根本的に増やす方法はこちらの記事で解説しています。
関連記事>>>肌の水分量を上げる方法はこれだけ!間違った肌のケアしていませんか?

ですからあまり市販の無添加化粧水はオススメできないのです。

 

低品質な無添加化粧水も高品質な化粧水もさほど値段は変わらない

あなたが市販の無添加化粧水を購入していたのは、それは値段が安く気軽に購入しやすいという背景があったのでしょう。

しかしながら、上記で説明してきた合成ポリマーやセラミドが入っていないというデメリットの方が大きいという事はご理解いただけたでしょうか。

そして、実は市販されている化粧水も、高品質で安全な化粧水もさほど値段が変わらないということはしていますか?

逆に、どれだけ市販の無添加化粧水が安くてもその分デメリットが大きいため、逆に安物買いの銭失いになってしまう可能性だってあります。

ですから、費用対効果(コスパ)を考えると、初めから高品質で安全な化粧水を購入しておいた方が安全ですし、リスクも負うことがありません。

いくらあなたが肌トラブルを抱えていたり、ニキビ肌、そして敏感肌だとしても、安くて市販の無添加化粧水を使用する事は逆効果になる可能性があり損しかないのです。

でも、敏感肌で肌トラブルが絶えない私は無添加化粧水がでなければ安心できない。という方もいるでしょう。

そんな方は以下の化粧水を使用してみてください。

無添加を気にしなければならないほどの敏感肌におすすめの化粧水

敏感肌におすすめの化粧水はアヤナスディセンシア。

アヤナスディセンシアは、敏感肌のために特化して作られた化粧水。
なぜこのディセンシアがおすすめなのかというと、敏感肌に対する特許技術『ヴァイタサイクルヴェール』を使用しているからです。

敏感肌の特許が取ってあるので、敏感肌が使用する化粧水はこのアヤナスディセンシアしかないのです。
他の無添加化粧水ではヒリヒリする事でしょう。

また、セラミドも配合されているので確実に潤いを守り、同時にバリア機能も高める事が可能。

潤いを守るだけではなく、美容液とクリームも付属してくるのでエイジングケアも痛みを伴わずにバッチリ行うことができます。

そして市販の無添加化粧水は購入して自分の肌に合わなければそのまま破棄しますよね。
ディセンシアの最大のメリットは、30日間返品が可能ということにあります。

ですから化粧水を使うとヒリヒリするので今まで無添加化粧水しか使用する事ができなかったという方はぜひこのアヤナスディセンシアを試してみてください。

あなたの化粧水の認識が絶対に変わるはずです。