乾燥肌

その洗顔、間違いです!洗顔後に乾燥したり肌がつっぱる原因はコレ

その洗顔、間違いです!洗顔後に乾燥したり肌がつっぱる原因はコレ

洗顔後に肌がつっぱって乾燥する。誰でも経験があることかと思います。

しかしなぜ洗顔後には肌がつっぱるのでしょうか。
また、なぜ乾燥するのでしょう。

本記事では「洗顔後に顔が乾燥する原因」「間違った洗顔方法」「正しい洗顔手順」について解説。

洗顔後に肌が乾燥してつっぱる原因

水分が蒸発

洗顔後に肌が乾燥する理由はしっかりと存在します。

洗顔は水を使って行うと思いますが、この水というのは非常に厄介。

実は肌についた水が蒸発する時は、もともと肌に合った水分も一緒に蒸発してしまいます。
これが洗顔後の乾燥の原因。

顔が一番乾燥を感じやすいので洗顔後に乾燥に気づく方が多いですが、実はお風呂の後はそもそも肌全体が乾燥しやすい状態です。

これももちろん水分の蒸発のロジックによるもの。

ですから洗顔の後はしっかりと化粧水で水分を補給しなければならないのです。

油がなくてパリパリ

また、洗顔時には洗顔フォームを使用して油汚れも落としていきます。

石鹸を使うことにより、肌の油汚れを綺麗にする事ができますが、それと同時に肌に必要な皮脂も必要以上に落としてしまうのも原因。

肌は、水分やダメージから守るために皮脂という油で保護されています。
しかし、洗顔により皮脂が流れ落ちてしまうことにより、肌そのものがむき出しになってしまい、パリパリの状態になってしまいます。

肌がパリパリの状態は伸縮性が悪く、肌のツッパリを感じる原因。

皮脂という油が流れ落ちてしまうことにより、肌がつっぱってしまうのです。

 

ダメージにより

顔を洗うと少なからず摩擦が発生します。
この摩擦は肌の組織をボロボロにしてしまう原因です。

洗顔は力を入れずにということが鉄則だと思いますが、肌の組織が傷んでしまうためこのような決まりがあるのです。

しかしどれだけ力を弱く洗顔したとしても、ダメージは加わります。

さらに洗顔は毎日行うものですから、少ないダメージが日常的に加わることにより、肌の組織がボロボロになり、水分がすぐに抜けだしてしまうカサカサ肌になってしまうのです。

洗顔は肌にダメージを与えカサカサにし、皮脂を洗い流してしまうのでつっぱってしまう。

保湿成分配合の洗顔フォームを使っているけど?

では洗顔でどうしても乾燥が気になるなら、保湿成分が配合されている洗顔フォームを使用したら良いのではないかと思うかもしれません。

実はこれは全く意味がないと言っても過言ではありません。

少しあなたにお聞きしますが、保湿成分を肌に加えた後、水で洗い流しますか?
洗い流しませんよね。

これと同じように、たとえ洗顔フォームに保湿成分が配合されていたとしても、石鹸を洗い流すと同時に保湿成分も洗い流してしまいます。

ですから洗顔フォームを保湿成分は、洗顔後の乾燥対策には全く意味がありません。

乾燥対策にはなりませんが、洗顔フォームに配合されている保湿成分により洗顔のダメージを和らげるという意味では少し意味があります。
クレンジングにも配合されている保湿成分も同様に、保湿目的ではなくダメージを和らげるためのものとお考えください。

洗顔後はしっかりと化粧水により保湿成分を与えなければならないのです。

やってはいけない洗顔

ゴシゴシこする

汚れた肌を綺麗にしようと、肌をゴシゴシこすって洗顔していませんか?

肌をこすってもよいことはありません。
肌の組織にダメージを与えてしまい、すぐに水分が抜けてしまう肌になってしまいます。
さらに、洗い流す必要のない皮脂も取れてしまうので肌が乾燥しやすくなってしまいます。

洗顔は力を入れずに優しく洗うだけで問題ありません。

また、クレンジングをする際も優しく丁寧にメイク落としましょう。

シャワーを当てる

優しく洗顔をしたところで洗い流し時にシャワーを当てていては話になりません。

その理由は2つあります。

1つ目はシャワーから直接出ているお湯を当てると温度が高すぎるという問題。
洗顔はぬるま湯でということを聞いたことがあると思います。
シャワーから出て来る約40度のお湯は洗顔時の目安温度よりも熱いです。
温度が高ければ肌にダメージが加わってしまいます。

2つ目は、シャワーから直接出て来る水は水圧が高いため、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

入浴時に洗顔を行う場合は洗面器にお湯をためて洗顔をするなど、温度を調節しながら行ってください。

冷水での洗顔

今度は逆に温度が冷たすぎることも間違った洗顔の1つ。

たしかに冷水で引き締めるという方法もありますが、洗顔時はぬるま湯で行うようにしてください。

冷水で洗顔をすべきではない理由は、温度が低すぎるため、余分な皮脂を綺麗に落とすことができません。
さらに、冷水で毛穴を引き締めてしまうと、洗顔後に使用する化粧水や美容液の浸透率が著しく低下してしまいます。
化粧水がうまく浸透しなければ保湿する事ができずに乾燥し続けます。

このような理由から冷水で洗顔をする事はオススメできないのです。

 

正しい洗顔の手順

洗顔料の選び方

さきほど洗顔料に含まれる保湿成分は「乾燥」に対して意味がないと説明しました。

しかし洗顔時のダメージ軽減という観点からは保湿成分は重要です。

ですから、保湿成分が配合されている洗顔料を選んでください。

また、必要以上に皮脂を落としてしまわないように洗浄力が弱い洗顔フォームを選びましょう。

洗浄力が弱くても汚れはきれいに落ちます。

洗顔の一番の問題は洗浄力が強く、必要な皮脂を落としすぎてしまうことや、強い洗浄力により肌へのダメージということが挙げられます。

これらが洗顔後の乾燥や突っ張りの原因になるので、洗顔料はしっかりと選びましょう。

また、洗顔をする前にはしっかりと「前濡らし」をしておくことで、汚れを落としやすくする事ができます。

これにより洗浄力は弱い洗顔フォームでも問題なく洗うことができるのです。

丁寧に洗顔

洗顔フォームを用意したら、優しく汚れを落としていきましょう。

順番としては、まずは Tゾーンから丁寧に洗っていきます。
その後、目元口元へ移動し、ゆっくりと優しく洗っていきましょう。

もちろん洗い流すときはぬるま湯で。

洗顔後のケア

しっかりと洗顔を行うことができたら、次は乾燥対策をしていかなければなりません。

どれだけ洗浄力の弱い洗顔料を使って優しく洗ったとしても、水分を使っている以上、水が蒸発する時に肌にある水分も一緒に蒸発してしまいます。

保湿対策としては化粧水やクリームが挙げられます。

ではどちらを使えばよいのでしょうか。

答えは化粧水。

その中でもセラミド化粧水がおすすめです。

セラミドは肌の組織を綺麗に埋めてくれるバリアのようなもの。
化粧水の水分とセラミドのバリアにより肌を乾燥させずにうるおう肌を実現する事ができます。

クリームは塗らなくてもよいのか。と思うかもしれませんが、これに関してはあなたの皮脂の状態を把握しておく必要があります。

というのも、人間は皮脂という油を分泌しています。
ですからクリームを塗ってしまうと皮脂とクリームの油により顔がテカってしまうようになるからです。

脂が多くなれば多くなるほど肌トラブルは起きやすくなりますから注意が必要となります。

関連記事>>>乾燥肌の顔にクリームを塗るのはちょっと待った!それ危険な行為かも!

ですからまずはセラミド化粧水で保湿。
その後、油分が足りないようであればニベアなどのクリーム塗るという方法をとっていくのが良いでしょう。
そうする事により、皮脂の替わりにクリームが油の膜を貼ってくれて水分を逃がさないようにすることができます。

一番内側に水分。その次にセラミド。全て覆うように油の膜。という理想的な肌の構造ができ上がると乾燥を防ぐことができます。

関連記事>>>顔が乾燥して皮むけする時はニベアで保湿?効果とあまりおすすめできない理由

洗顔後はセラミド化粧水で

上記では洗顔についての様々な知識を解説しました。

とにかく洗顔後に乾燥させない方法はセラミド化粧水。
そして肌が突っ張らない方法は余分な皮脂を洗い流さないということでした。

次のページでは肌の水分量を上げる方法を解説していきます。

肌の水分量が上がれば洗顔後の乾燥に悩むこともなくなり、突っ張りも感じることがなくなります。

以下から次のページへお進みください。

次のページ>>>肌の水分量を上げる方法はこれだけ!間違った肌のケアしていませんか?