乾燥肌

顔が乾燥して皮むけする時はニベアで保湿?効果とあまりおすすめできない理由

顔が乾燥して皮むけする時はニベアで保湿?効果とあまりおすすめできない理由

多くの情報を簡単に取得できるネット社会では、顔の皮むけにはニベアがいいと発信している方も多く見られます。

しかし、顔が乾燥して皮むけしてしまう場合の対処法は本当にニベアが効果的なのでしょうか。

結論から言えばあまりオススメできません。

本記事ではニベアが持っている本当の効果、そしてなぜ顔の皮むけにニベアがおすすめできないのかという事について解説しています。

ニベアが人気な理由

気軽に購入できる

とりあえず顔の美容にはニベアを塗っておけなんていう方もたくさんいるほど、ニベアは私たちにとってポピュラーなクリーム。

しかし、ニベアは保湿がてらに塗るものとざっくりとしか理解していませんよね。

しかしなぜこれほどまでにニベアは人気なのでしょうか。

まず第一に挙げられる理由として、テレビでニベアを宣伝しているため非常に知名度が高いということ。

それに加え、薬局だけではなくコンビニでも陳列されており、誰でも簡単に手に入れられるという事が挙げられます。

誰でも気軽に購入する事ができる知名度の高いクリームということで、ニベアは多くの人に愛されている商品。

 

高級クリームに近い成分

知名度抜群のクリームということで、とりあえず塗っておけば保湿や美容ケアができると思っている方も多いのではないでしょうか。

それはあながち間違っていません。

ですが、ココでニベアの本当の効果について知っておきましょう。

まずニベアにはとても大きな美容効果があるとして認識されているのはテレビコマーシャルが流れているというのもありますが、万単位お金を必要とする高級美容クリーム「ドゥ・ラ・メール」の成分に近いものがあると言われているからです。

「ドゥ・ラ・メール」は血液の流れを良くし、ターンオーバーを促すなど美容にとって必要な成分が多く含まれている高級美容クリーム。
ニベアはコレに近いものがあるとして知られているため、これらの情報が流れ、たとえ「ドゥ・ラ・メール」を知らなくともニベアは美容効果があるということを潜在的に刷り込まれていることが挙げられます。

そして、ニベアは「クリーム」なので、油分が多いことが特徴。
ですから、美容ケアだけではなく、顔の皮むけにニベアを使っている方が非常に多いです。

また、非常に純度の高い石油由来で製造されているため非常に安全性も高いというのも人気の秘密。

なぜ顔の皮むけが発生するのか

顔の皮むけが発生してしまう原因は、主に乾燥によるもの。

ではこの顔の乾燥はなぜ起きるのでしょうか。

まず第一に挙げられるのは肌の隙間を埋めてくれているセラミドが足りないこと。
セラミドは加齢による現象ももちろんの事、毎日のメイクや洗顔によりどんどん失われていきます。

顔の皮むけが発生する原因はそれだけではなく不規則な生活によって、肌が新しくならないという問題もあります。

顔の皮むけが発生する原因についてはコチラ

関連記事>>>顔が乾燥して皮むけする原因はコレ!間違いだらけの生活習慣と顔のケア

 

顔の皮むけに対するニベアの効果はイマイチ!

ニベアの本当の効果について

しかし、「ドゥ・ラ・メール」と比較すると美容成分は少ないです。
さらに、ドゥ・ラ・メールは美容成分を含んでいるクリームに対して、ニベアは保湿成分を含んでいるクリーム。

ニベアを顔に塗って肌が綺麗になったという方は、あくまでも美容成分により肌が綺麗になったわけではなく、ニベアに含まれる保湿成分により肌の水分量が上がり、それに伴い、肌状況が改善されたということになるのです。

  • 「ドゥ・ラ・メール」は美容クリーム
  • 「ニベア」は保湿クリーム

 

皮むけに本当に必要なものはセラミド

これは冒頭でも言いましたが、実はニベアは顔の皮むけに対してオススメできません。

たしかに、ニベアはクリームタイプで油を多く含んでいるため、顔の皮むけに対して非常に高い効果を発揮するように思えるかもしれません。

それに、顔の皮むけにニベアを塗れば、しっとりとして顔の皮むけも治まっているように思えますし。

しかしこれは、少し注意が必要です。

もちろん、油分が少なく顔がカサツキ皮がむける人はニベアで油を追加するのも良いかもしれません。

ですが、顔の皮がむけてしまうのは油分が足りないわけではありません。

セラミドが足りないのです。

肌にセラミドが足りていない場合、肌の隙間がスカスカになってしまいます。
ただの隙間がスカスカであると、それがつまり顔の皮むけの状態。

セラミドがあるとこんなに肌の質が違います。

ですから、顔の皮がむける人に足りないのはニベアの油ではなくまずはセラミドなのです。

セラミドでしっかりと肌の組織を綺麗にしなければなりません。

ではニベアは全く必要ないのか。
そしてにニベアを塗るとなぜ顔の皮むけが治まったように見えるのか。

これについて解説します。

なぜ顔の皮むけが治ったように見える?

さきほど顔の皮むけに必要なものはニベアではなくセラミドだと解説しました。

セラミドがない肌は顔の皮がむけている状態。

その上からニベアを塗ることにより、顔の皮がむけている状態を油によりしっとりさせコーティングすることにより顔の皮むけが治まっているように見えるのです。

しかし本当のところ、それは顔の皮むけが治っているのでは無く、ニベアのコーティングにより強制的に皮むけをごまかしているだけに過ぎません。

本当にやるべきことは、まずはセラミドを追加し肌のキメを整えることから始めなければなりません。
肌のキメが整えば、おのずと顔の皮むけも治まります。

顔の皮むけが治まったら、ここでニベアを使うかどうかを判断しましょう。

実はセラミドが肌に増えると顔の皮むけが治るだけではなく、肌の水分量も上がります。
その理由は、セラミドは肌の隙間を綺麗に埋める組織のため、内側の水分を外に蒸発させなくするので肌の水分がグンと上がるのです。

肌の水分が上がれば、今度は皮脂の分泌も正常化され、天然の油により顔がコーティングされます。

「セラミドのバリア+その上から皮脂のバリア」

これが本来あるべき顔の状態です。

セラミドのバリアがない状態でニベアを塗ったとしても、それはただ見た目をごまかしているだけ。

本当に顔の皮むけを改善したいのであれば、まずはセラミドを増やすことから始めなければなりません。

さらに、ニベアを顔に塗ることは肌トラブルをさらに悪化させてしまう原因にもなりかねないので注意が必要です。

ニベアを顔に塗るのは危険

たしかにニベアは多くの保湿成分を含んでいます。

ですから、顔に塗っても良さそうな気がしますが、ニベアはクリームなので油分を非常に多く含んでいるという事に注意しなければなりません。

というのも、顔は皮脂という天然の油を分泌しているからです。

皮脂の上から、人工的な油(ニベア)を追加してしまうと、油だらけの顔になってしまい顔のテカリやニキビなどを誘発してしまう原因となります。

ですからあまり顔にニベアを塗るのはオススメできないのです。

ニベアの用途

ニベアは油を肌に追加する事によるコーティングが主な役割。

ニベアをはじめとするクリームの用途は、コーティングを行うことでダメージから肌を守るなどバリアを張ることが目的です。
また、美容成分を塗った後にクリームを塗ることで「フタ」の役割を持たせるという意味があります。

自分の肌に追加する条件としては、皮脂の分泌が異常に少ない時に使用するというのが第一条件。

美容クリームは肌に塗っていたら逆に肌が荒れてしまったなんていう経験はありませんか?

それは、皮脂が分泌されているにもかかわらずクリームを塗ったことにより、過剰油分となり肌トラブルを招いてしまっていたのです。

肌は水分量を保つだけで、顔の肌はとても綺麗になります。
水分量を保てているということはセラミドが豊富にあるからこそ。

セラミドがあれば顔の皮むけも起きませんし、肌のターンオーバーも正常化されているので、常に新しく綺麗な皮膚が保たれているのです。

ですから、顔の皮むけを改善するのであればニベアではなく、セラミドを増やす方法をとっていかなければなりません。

セラミドが肌にあり、肌のキメが整ったあと、ようやくニベアが登場します。
年齢を重ねるごとに皮脂の分泌は少なくなりますから、ここでようやくニベアを塗るかどうかを考えていきましょう。

でないと、20代、30代で皮脂の分泌が正常あるにもかかわらずニベアを塗ってしまうと過剰油分で肌トラブルを招いてしまいますよ。

関連記事>>>乾燥肌の顔にクリームを塗るのはちょっと待った!それ危険な行為かも!

ニベアは洗顔後ならOK ?

洗顔をすると皮脂も一緒に落としてしまうため、肌に油分がなくなります。

ではこのような時であればニベアを肌に追加してもよいのでしょうか。

くどいようですが、まずはセラミドを追加しなければ全く話になりません。

顔の皮むきを改善するなら「セラミド⇒クリーム」の順で塗らなければならないのです。

関連記事>>>その洗顔、間違いです!洗顔後に乾燥したり肌がつっぱる原因はコレ

 

顔の皮むけならセラミドでOK

結論としては顔の乾燥による皮むけにたいしてニベアはあまり良くないということが分かりましたね。

その理由は

  • ニベアはただのコーティング
  • 過剰油分のリスク
  • セラミドがなければ意味がない。

ということでした。

重要なのは顔の皮むけが起きているのであれば、セラミドで肌のキメを整え顔の皮むけを治していくという方法をとっていかなければなりません。

その上で自分にとってニベアという油は必要なのかということを考えていきましょう。

では具体的にどのようにセラミドを増やしていけばよいのでしょうか。

次のページでは肌の水分量を上げるためのセラミドについて詳しく解説しています。

以下から次のページへ移動してください。

次のページ>>>肌の水分量を上げる方法はこれだけ!間違った肌のケアしていませんか?